忍者ブログ

無料のウイルス対策・フリーソフト比較

無料でできるウイルス対策のメリットやデメリット、フリーソフト比較など
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク

無料で使えるウイルス対策フリーソフトで真っ先に思い浮かぶものと言えば、日本ではKingsoft Internet Security(キングソフト インターネット セキュリティ)だと思います。

このソフトは、キングソフト社という中国の会社が無料で提供している総合セキュリティソフトです。総合セキュリティソフトなので、無料にも関わらずウイルス対策以外にスパイウェア対策、ファイヤーウォールなど、パソコンを総合的に守ってくれます。

なぜそこまで機能が充実したソフトが無料で使えるフリーソフトなのかと言いますと、広告が表示されるからです。アプリケーションソフトのタイトルバーの下側に広告が表示されます。

広告は、その他にウイルス定義などのアップデート受信時に表示されるポップアップダイアログなどにも掲載されます。広告は、このソフトをインストールする際に入力する属性情報を元にマッチした広告が表示される仕組みになっており、キングソフト社はこれらの広告スポンサーから料金を頂いて運営資金に充てていると思われます。

広告が邪魔だという人には、有料版のソフトも提供されておりますので、それを購入することで広告表示を消すことができます。性能は、有料版も無料版も全く一緒ということですから広告が気にならない人はわざわざ購入する必要はないでしょう。ちなみに、お値段は、1年更新版が980円、無期限版は1980円、3ユーザー版が3880円となっています。

無料で使えるウイルス対策ソフトには、海外製のものが多く、インターフェースが日本語化されていないものも多い中、このソフトは日本語に対応しているため、インストールや設定も安心して行うことができます。

また、他のセキュリティソフトと比較すると軽いというのも謳い文句になっています。そして、一番気になるのは、やはり、ウイルスの検出率ですね。いくら軽かろうが、無料で使えようが、ウイルスに感染してOSの再インストール(リカバリー)をする破目になってしまうのでは使う意味がありませんので。

ウイルスの検出率は各社が独自にやっており、その評価もバラバラなのでセールスページだけを見てすぐに信用するのは危険だと思います。ネットでの評判、評価などの口コミをよく見て、自分で納得したものを入れるのが一番だと思います。

私が様々な掲示板やブログなどを見て回ったところ、全く問題なく使えているユーザーもいるし、全く使い物にならなかった人もいるようです。上手く使えている人と問題が発生している人の割合で言うと、同じ程度といったところでしょうか。

つまり、皆が皆、絶賛しているソフトではないということ。その点は知っておいた方が良いと思います。Kingsoft Internet Securityに関わらず、ウイルス対策ソフトというものは、いくら評判や評価が良くてもウイルスに感染する時は感染します。

感染率が低いか高いかということであり、絶対に大丈夫というものではありませんので、危険なサイトと知りつつ見に行くような行為は控えた方が良いでしょう。

Kingsoft Internet Security

スポンサードリンク



忍者ブログ [PR]

ブログ内検索

バーコード

フリーエリア

PR
プライバシーポリシー
「無料のウイルス対策・フリーソフト比較」トップへ